ネイルチップ☆サイズの合わせ方/すぐ剥がれない貼り方/爪を痛めない外し方

こんにちは。nailstepsのリップです。sss

 

 

 

お仕事上ネイルができないけど、せめてお休みのときだけネイルを楽しみたい、って方や

 

 

傷んだ爪を休めたいけど、ネイルをしていないとテンションが上がらない。って方も多いはず。

 

 

 

そんなとき活躍するのが、ネイルチップ。

 

 

自爪のままなんてつまらない。

 

せっかくなら、おしゃれしましょう!

 

 

ネイルチップなら、気分やTPO、その日のファッションによって

 

 

様々付け替えれるからとっても便利ですし

 

 

 

爪が薄くなる心配もないです。

 

 

 

 

 

しかも、自分でたくさんのネイルチップを作れば

 

アートの練習にもなるし一石二鳥です。

 

 

 

 

 

 

読者さんからも、ネイルチップの剥がれにくい付け方を知りたいというお声を頂いたので

 

 

 

 

今回は

 

☆自分の爪に合ったネイルチップのサイズの合わせ方

☆ネイルチップのすぐ剥がれない付け方と100均で買えるオススメのネイルテープ

☆爪を痛めないネイルチップの外し方 (粘着力が弱い編・粘着力が強い編)

 

盛りだくさんでお伝えします。

 

それではやっていきましょう。

 

((チャンネル登録してもらえると嬉しいです))

☆ネイルチップは爪の先端に番号が付いているものが多いです。

自分の爪に合った番号を覚えておくと便利です。

 

 

ネイルチップ☆サイズの合わせ方のポイント

 

・ぴったりのサイズがなかったら、大きいほうを選ぶ

例えば、番号2番だと大きすぎて、3番だと小さすぎる場合は2番を選びます。

(番号が大きくなるにつれて大きいサイズになります。

一般的にネイルチップのサイズは0番~9番まであります。)

長さを整えるときに、大きい場合はサイドも削ってサイズを調整していきます。

 

大きすぎる場合は削ればいいですが、小さすぎる場合はどうしようもなく、

小さいものを爪に貼っても剥がれやすくなるので注意です。

 

・長さは希望の長さよりも少し長めにカットする

チップカッター、またはネイルニッパーでカットしたあと

ファイルで整えることによって、その分短くなります。

そのため、希望の長さよりも少し長めに切ります。

 

ネイルニッパーでカットするときは、端から少しづつカットして下さい。

 

・ファイルで整えたあとネイルチップに残ったバリは、スポンジファイルで除去する

バリがあると、ネイルするときに邪魔になり、仕上がりにも影響するため

しっかりとバリは取ります。

 

すぐ剥がれないネイルチップの付け方のポイント

 

・チップを付ける前にはハンドクリームなど油分があるものは絶対に付けない

粘着力が一気になくなり、秒速で剥がれます。

 

・消毒用エタノールでしっかりと油分除去する

ハンドクリームなどを付けていなくても爪の表面には油分や汚れが付着しています。

そのため、しっかりと油分除去していきます。

この際、コットンだと繊維が爪に付いてしまう恐れがあるため

小さく切ったキッチンペーパーかワイプを使用して下さい。

 

 

・ピンセットを使い、テープを付けていく

指の油分も粘着力に影響を及ぼすため、テープを剥がしたりするときはピンセットを使います

 

・ネイルチップは爪の根元から貼り付けていく

根元ギリギリで貼り付けると見た目も綺麗です。

 

・ネイルチップを貼ったら、上から押さえつけ数秒キープ

上から押さえて、しっかりと密着させます。

 

 

 

爪を痛めないネイルチップの外し方のポイント

 

・粘着力が弱いときはウッドスティックで外す

爪とチップの隙間にウッドスティックを入れて少しづつ剥がしていきます。

 

・粘着力が強いときはお湯を使う

お湯に指を付けながら、ウッドスティックで少しづつ剥がしていきます。

粘着力が段々と弱くなってポロっと取れます。

 

無理やり引っ張って剥がしてしまううと、爪も痛み、ネイルチップも割れてしまうことがあるので

注意して下さい。

 

・外したあとはしっかりと保湿しケアする

ネイルチップを付けたまま、ハンドクリームなど付けると剥がれやすくなります。

ですので、外してからしっかりと保湿してあげて下さい。

 

 

ウッドスティックでネイルチップに付いたテープを取ったら、光の当たらないところで保管する

紫外線によって、時間と共に、ネイルチップが黄ばんでしまう恐れがあるため

光の当たらない場所での保管をオススメします。

 

 

 

ネイルチップ装着時、気を付けたいこと

 

・あまり水分を付けすぎない

やはり水分は粘着力を弱めてしまいます。

しかし、ダイソーのテープは手を洗っても、お風呂に入っても取れなかったです。

(*個人差はあります)

ダイソーのネイルテープかなりオススメです。

 

 

・ハンドクリームなど油分を含むものは控える

水分より油分のほうが大敵です。

ネイルチップを付けているときは、中々保湿ができないため

外したあとのケアはしっかりと行ってください。

 

 

 

動画では、中指以外はスカルプですが、

ネイルチップを装着した中指もスカルプに劣りません。

 

しっかりとサイズ合わせをし、根元からしっかり貼り付けると

まるで自爪にネイルしているようで

 

ネイルチップだと思えないほどです。

 

 

 

 

お仕事上ネイルができない方や、

 

爪のために少しネイルをお休みしたい方、

 

色んなデザインをやってみたい方など

 

 

是非ネイルチップを活用して

 

 

ネイルチップライフを楽しんでみて下さい。♡

 

 

 

ネイル用テープなら、ネイルチップを繰り返し使うことができ

 

自分で作ったかわいいネイルがいつまでも残るのも

 

とても嬉しいですよね。

 

 

 

やっぱりネイルすると気分も全然違います。

 

 

 

ハッピー効果、大です。♡

 

 

 

 

 

 

ネイル超初心者さん向け、無料メルマガもやってます。

ジェルネイルを基礎から学び、自分でかわいいネイルをできるようになりたい人は

一度読んでみてください。→詳しくはこちら

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

nailstepsリップsss

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です