流し込むだけ☆埋め込み/ぷっくりハートの3Dネイルパーツ

こんにちは。nailstepsのリップです。

sss

今回はシリコンモールドを使って、ホログラムやラメを埋め込んだ3Dネイルパーツの作り方です。

埋め込んだホログラム、ラメがキラキラして

スノードームのような仕上がりになります。

シリコンモールドを使って作っていくので

3Dネイルが苦手な方や初心者さんも簡単に作れると思います。

それでは、早速やっていきます。

((チャンネル登録してもらえると嬉しいです。))

埋め込み3Dネイルパーツの作り方

流し込む前の準備

・ミクスチュア(アクリルリキッドとパウダーを混ぜた状態のもの)を流し込みやすくするため、アクリルリキッドを含ませた筆で型枠を濡らす

この工程をリキッドタッチでいいます。

流し込み方

・緩めのミクスチュア(アクリルリキッドとパウダーを混ぜた状態のもの)を少量、流し込み、筆先で均等に広げる

固いと流し込みにくいため緩めに取ります。

量が多すぎると仕上がったときにホログラム、ラメがくっきりしないため

ハートの表面を覆うくらいの少量です。

ホログラム、ラメののせ方

・まずはホログラムからのせる

ラメを先にのせると、仕上がったときにホログラムにラメが被ってしまうため、ホログラムからのせます。

・ハートなど、形があるものは同じ向きにのせるのではなく、向きを変える

同じ配置ではなく、様々な向きにのせると動きがある仕上がりになります。

・ホログラムが中心に集まらないように全体に均等に並べる

端のほうにも考慮して置くとバランスよく仕上がります。

・リキッドを含ませた筆でラメをとり、均等に広げながらのせる

筆にパウダーは取らずに、リキッドを含ませた状態でもラメを取ることができます。

最後にクリアパウダーを緩めにとり、流し込むようにしてハート全体を埋めていきます。

もし、はみ出したら筆で拭き取ります。

注意点

底に敷いたミクスチュア(アクリルリキッドとパウダーを混ぜた状態のもの)が完全に固まる前にホログラム、ラメをのせ、クリアパウダーで全体を覆うこと

完全に固まった状態でホログラム、ラメをのせ、その上からミクスチュアで覆うと気泡が入った仕上がりになることがあるからです。

硬化したら、型から外し、トップジェルを塗り硬化して完成です。

パーツの表面をコーティングするのはノンワイプジェルがおすすめ

パーツの表面は自爪に触れていないので、ネイルの浮きや先端の剝がれなどの問題とは関係ないため

パーツ表面にノンワイプジェルを薄めに塗るだけで大丈夫です。

未硬化ジェルを拭き取る手間も省けるので時短にもなります。

(爪とパーツの装着には強度のあるジェルがおすすめです)

ただし、パーツを長期保管する場合は黄ばむ恐れがあるのでコーティングしないほうがいいです。

パーツのカーブの付け方や、はみ出したときの整え方はこちらの動画で解説してます

簡単!シリコンモールドで3Dネイルパーツの作り方

様々なホログラム、ラメを使って色々なバリエーションが作れます。

おうちに眠っているホログラム、ラメをぜひ活用してみてください。

私もあまり出番がないホログラム、ラメがたくさんあるので

色々なタイプのパーツを作っておうち時間を楽しんでます。


【艶抜群ノンワイプジェル】


ついに書籍化しました☆全て写真付きで解説しています。初心者さん向けの内容になってます。

詳しい内容はこちら→お知らせ☆ついに書籍化しました!


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

nailstepsリップ

sss

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です