貝殻ネイル/人魚の鱗ネイルのやり方

こんにちは、nailstepsのリップです。sss

 

最近、「人魚の鱗ネイル」というフレーズよく見かけませんか?

 

これは、ネイルアーティストのageha先生が発案したデザインなのですが、

人魚の鱗のような、かわいずぎるプクプクネイル、日本にとどまらず、世界各国で見かけます。

ageha先生本当にすごい。♡

 

今日は大人気で話題沸騰中の人魚の鱗ネイルのやり方です。

見方によっては貝殻にも見えるので、私は貝殻ネイルやシェルネイルとも言ってます。

 

今回紹介するやり方はageha先生のものとは、異なります。

私なりにアレンジしてみました。

ベースにクリアを混ぜたオーロラ系の色を塗り、抜け感や透明感を出し、

乱切りオーロラ、シェルを埋め込んでいるのが特性です。

涼しげでかわいいです。

それでは、やっていきましょう~。

((チャンネル登録してもらえると嬉しいです。))

 

ベースカラーのポイント①

クリアジェルとオーロラは10:1くらいで混ぜ、クリア感を出す

オーロラが透けるくらいの色味でいいです

2度塗りせずに一度塗り

 

ベースカラーポイント②

その後にピンクと青のほんのりとした縦グラデーションを作っていきます。

ペーパーパレットorアルミホイルの上で筆にピンクのジェルを馴染ませたら、

その筆のまま塗っていきます

そして、キッチンペーパーで余分なジェルを拭き取りながら、さらに刷り込むように塗っていきます

青も同様に塗り、一度キッチンペーパーで筆を綺麗に拭き取ったら、

ピンクと青の境目を筆を寝かせながら、何度か撫でてぼかしていきます

 

シェル、乱切りオーロラを埋め込むポイント①

乗せるとき、爪楊枝でシェル、乱切りを上から押しながら、下に塗ったクリアジェルに埋め込むように、クリアジェルと絡ませながら乗せる

 

シェル、乱切りオーロラを埋め込むポイント②

硬化する前、色々な角度から見て、シェル、乱切りが飛び出ていないかチェック

 

シェル、乱切りオーロラを埋め込むポイント③

トップジェルを塗って一度仕上げますが、硬化する前、色々な角度から見て、しっかりとシェル、乱切りが覆えているかチェック

(埋め込む詳しいやり方は以前の記事で⇒ホログラム・乱切り・ラメの上手な乗せ方

 

なぜここで一度仕上げるかは最後でわかります。

 

次に細筆を使って、貝殻の凹凸を作っていきますが、

その前に細い筆にたっぷりジェルを取る方法

その①

筆を縦にジェルに入れ、くるくるくると回して取る

その②

筆の根元まで、ジェルを入れでそのまま引き上げる

 

 

それでは、上の取り方で、貝殻の凹凸を作っていきます

貝殻の凹凸の作り方ポイント①

まずは真ん中から線を入れます

このとき、先端に筆先をぐっと押し付け、根元にいくにつれて力を抜きながら、少しづつ筆を引き上げて細い線にしていきます

根元にいくにつれて、筆を浮かせるようにしていく感じです

1、2、3のあとの線を入れる順番は、残りの左側をまとめて入れ、その後右側をまとめていれても、

右、左と交互に入れてもどちらでもいいです。やりやすいほうで入れて下さい。

 

貝殻の凹凸の作り方ポイント②

仮硬化は、線一本つづでも、何本かまとめてでも◎

ジェルが流れやすいようだったら、こまめに仮硬化することをオススメします。

その後、プクプクの2度塗りと、先端のみプクプクを足しますが、

やり方は同じです。先端に筆をぐっと押し付け、根元にいくにつれて引き上げながら下に引いていきます。

ラインとラインの間は開けすぎるとバランスが悪くなってしまいますので

あまり空けすぎないようにしましょう。

 

 

仕上げのコーティングのポイント①

仕上げにトップジェルを塗りますが、厚めに塗るとせっかくのプクプクが埋もれてしまいますので、プクプクのところは薄く塗ってください。

 

薄く塗っても剥がれたりしないように、これがシェル、乱切りを埋め込んだあとトップジェルを塗って一度仕上げた理由です。

ただし、根元のパーツの部分は取れないようにコーティングしてくださいね。

 

最後に

ベースのカラーをシンプルにワンカラーにしたり、グラデーション、タイダイなどに変えてもかわいいです。

線の本数、線の太さを変えるだけで、雰囲気が変わります。

もっと細い線にすると、大人っぽさと上品な感じに仕上がります。♡

色々試して、自分の好みのデザインを探してみてください。

 

夏に最適な貝殻ネイル。♡

是非トライしてみてくださいね。

 

今日も1レベルUP。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

nailstepsリップsss

 

スポンサーリンク

貝殻ネイル/人魚の鱗ネイルのやり方」への2件のフィードバック

  1. あいこ

    はじめまして、あいこと申します。
    現在ネイルの勉強をしています。子持ち主婦なので、練習時間も多く取れないのですが、コツコツ積み重ねていこうと日々奮闘中です。
    最近は、検定の練習の合間に息抜きにアートの練習をして見たりしています。
    人魚の鱗ネイル、本当に可愛いですよね。
    ageha先生ってやっぱりすごいなぁと改めて感じました。
    そして、このように丁寧に教えてもらえる場所があると、初心者のわたしのような者でもやってみよう!って思えるので、本当に情報を発信していただけて嬉しいです♪

    返信
    1. nailstepsリップ 投稿作成者

      ありがとうございます。^^
      そのように言って下さりとても嬉しいです。
      検定の練習、とても大変ですよね。無地のスカルプや赤ポリばかりやってないで、早くかわいいアートやりたいって思っていました。
      私も検定取得の際は、心に余裕がなくて自分に負けそうになること多々ありましたが、ネイルが好きであれば、あいこさんも絶対に乗り越えられます。大丈夫です。
      お子さんもいて家事もやられていて、とても大変だと思いますが、コツコツやることで必ずうまくなります。自分のペース、大事にしてくださいね。
      私もこれからも技術向上のため頑張るので、一緒に頑張りましょう。

      初心者さんがもっと気軽にネイルがうまくなれるように色々準備中です。準備ができ次第、ブログでお知らせしますので覗いて頂けると嬉しいです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です